-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-23 18:30 | カテゴリ:文芸パンク・旅

「トランジット・ジラン」


継ぎ目から綿の出たソファー、通過するだけ汽車はずっと途切れない、
パステルカラーの車輌には、誰も乗っていないらしい、
眺める一点、爆ぜながら、どうにも胸が裂けそうで、

天井にシャンデリア、時を重ねた埃は落ちないままで氷柱みたいで、
ゴミを漁るネコに混じったシルキーシャツの老人は、
プラスチックのパールをいくつも首から下げていた、

「次の列車の到着はいつになるか分からない、
なぜなら通過中の汽車に終わりないから」

アナウンスは走り去る汽車の轟音かき消され、
シャンデリアに巣をつくったツバメが何羽か巻き込まれてた、

ソファーを独り占めして眠り続ける彼はジラン、
ここから何処かへ旅立つつもりの旅人たちを見つめてる、眠ったふりで見つめてる、

「あんたら何処へも行けやしねえさ」

煙に紛れる独り言は通過してゆく汽車に消されず、
待ち合う人々振り替える、

唇ゆがめて乾いたそれを舐めてから、ジランはようやく体を起こす、
非難に詰め寄り輪になる人々、ジランは邪魔くささを隠しもせずに言い放つ、

「だって、あんたら、手にした全てを持ったまんま行く気だろう、
何処か行くつもりなら、ほとんど全てを棄てなきゃダメさ」

ジランは駅のなかにいて、旅立てない人、眺めて今日もせせら笑う、
「帰る場所と用意があるなら、あんたらずっと留まってなよ、
悪いことは言わないからさ」







Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/775-b98e7669
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。