-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-03 12:00 | カテゴリ:instagram × 文芸パンク


「月夜のプール、オーロラに」


満ちる月は真円で、窓から差し込む微かさな光、
眠っているわけじゃなかった、近くにいるのにいつも遠く想う、あの娘のことが光に浮かぶ、
ふたりはまだ15歳、誰かを想うくらいの大人になった、幼く儚い取るに足らないものだとしても、
少しだけ悪いことをしてみたい、そのささやかさに神様は、
くすり笑って見逃すくらいの悪いこと、

どこにゆくも力がなくて、それをいつも思い知らされ、
いつも空ばかりを見上げ、ときに星を数えることも、
禁じられた夜のプールへ、ほら、その立ちはだかる壁くらいなら、
背伸びすれば手は届く、何もできない子供じゃない、

真夏の夜の一瞬に、咲くプールの月明かり、
星々も温い風に吹かれて波打つ水面に、オーロラを色づかせてる、
明日は何も分からないから、その光のつかめない輪郭だけを焼き付ける、
この光は明日にはないから、閉じた瞼に描き出す、それを忘れないように、

満ちる月が真円で、水に浮かぶ鮮やかな七色オーロラ、
眠っているわけじゃなかった、すぐそばにいる、
あの娘の温もり、その手の平を、汗ばみながら握りしめてた、
ふたりはもう15歳、誰かを想うくらいの大人になった、
幼く儚い取るに足らないものだとしても、
光のありかを知るくらい、そしてそれが僕らを導くもので、
プールに滲むオーロラを、いつまでも刻んでる、




CLICK STAR SWITCH

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


PR

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/737-034d0111
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。