-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-22 18:30 | カテゴリ:instagram × 文芸パンク


「白鳥」


青い葉くわえ反る背骨、氷の色の透き通る、
青い青を切り裂き抜けゆく白鳥たちは眼下に這いつく詐欺師の群れに小便垂れた、

〝跪く、そして手を組む、沈痛なる汝の声は、
悲痛なほどに滑稽しかない残念ながら〟

神も天の使いでも、護ってなんてくれやしねぇと、
幼稚すぎる幻に反吐をした、それから枯れてしまうまで、
唾を吐いたら嗤ってやがる俺がいた、

見上げるしかない天には夜を急ぐ白鳥たちが、
月明かりに縁取られた赤い森へと帰る刻、

ペパーミントの葉を一枚、琥珀注いだグラスへ浮かべ、
揺れてる様を眺めているのは悪くなかった、
生憎、そいつが沈んでくのは全てに終わりが近づいてるから、

白痴とサボテン、
ベッドサイドの写真に映る砂漠のキャラバン、
駱駝と木彫りの聖母に黒黴、
犬ぞりたちは雪上を、
金髪なびく冬の原野で鹿が月に向ける角、
奴隷商と武器商人が偽造金貨で死にたがりを募る街角、
ガス燈には羽虫とボロを纏う貧民たちが集まって、
街娼たちが痩せたドレスで風に耐える、

嗤いたくて仕方がないのに夢にまで現れる、
景色はどうにも飛び起きずにはいられない、荒景ばかりが焼きついた、
天地を思わば、どうにも此処は地にしか過ぎず、
私たちは這う獣、地上だろうが地下であろうが、地獄だろうが奈落だろうが、
私たちが生きるのは、どうにもそんな荒景ばかりだ、

〝跪く、そして手を組む、沈痛なる汝の声は、
悲痛なほどに滑稽しかない残念ながら〟







machinegunbilly on instagram
Instagram





 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに
★【動画】 きみといっしょに

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

☆【編集中】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2016 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリック、ポチッとして、どうぞ。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3224-2241cb41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。