-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-04-06 18:30 | カテゴリ:ショートショート・フィクション

「レインメーカー」


……またふたりきりだね。
その呼びかけに彼は応えない。応えることができない。しかしそのレンズには寄り添う「彼」が映り込んでいる。砂にまみれて傷つき、風雨に晒され錆が浮いてはいるが、その奥は微かに点滅している。まだ消えてはいない。

 風が、鳴る。
 彼と彼の間を抜けてゆく、ふたりの目には捉えきれないほどの小さな砂塵を混じらせた風が鳴る。
 錆びた鉄と鉄が擦れる、無人の公園の忘れ去られたブランコのように軋んで鳴る。

 そして、そばにいるもうひとりの「彼」をも風は通過する。もつれて束になってしまった背中の毛がなびく。その様子は「彼」になにかを思わせる。
……いつだったのだろう。あれは……僕が飛び立ったある晴れた日のことだ、色のことは憶えていないけれど、たくさんの旗が揺られていた、あのとき、僕は「HOPE」と呼ばれて射出口から空に向けて飛んでったんだ。
みるみる人は小さくなって、地上の誰もが空を見上げていたんだ、いまもそうなのかもしれない。人はいつも天を見てばかりいる。
 晴れには雨を、雨には晴れを。

 ふたりきりだね。彼は尾を振る。赤い鼻先が乾いていた。舌もやはり乾いて白くひび割れてしまっている。

……雨を降らせる? あと一度だけなら……。
……ううん、もういいよ。君が動けなくなっちゃう。それに……
……うん。渇きを癒すだけだけど。
……ここにいてよ。もう飛ばなくて、いい。
……でも……。

 錆びた鉄の腕を伸ばす。そして友達を抱き寄せた。薄くなった皮膚に骨が浮いていた。飲むことも食うこともなく、かなりの日数が経過していることがわかる。酷く衰弱していた。

 行こう、ふたりで。
 鋼鉄の人は誘う、大空への最後の旅に誘う。友達は答えなかった。目を閉じ眠っているように見えた。
 そう思おうとしていたんだ。
 
 ふたりきりになった友達と友達は高く天へと風になる。
 砂の時間が終わる。永久に。

 鋼鉄でできた彼はレインメーカー。雨を降らせる機械だ。
 彼に運命を託したヒトはすでに絶えた。雨雲をつくるための銀は皮肉にもヒトには毒だった。水を得たがそれ以外を失ったのだ。
 生まれたときの彼は希望だったが後に災厄となり、明暗はやはり合わせ鏡であった。どちらの意味においても「神」になったのだ。

 その日の夜。
 地表はすべてを流すほどの雨になった、その後は何も残さないとばかりに降った、最期の雨だった。










【 了 】  




machinegunbilly on instagram
Instagram







 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに
★【動画】 きみといっしょに

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

☆【編集中】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリック、ポチッとして、どうぞ。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3191-4f716125
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。