-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-26 18:30 | カテゴリ:ショートショート・フィクション

「この世の果てまで連れてって」【前編】


「帰りたいんだ」
 たどたどしい日本語で男はそう言った。帰りたい、それが彼と彼の仲間たちの要求なのだという。
 最上階の窓から叫ばれるそれは取り囲む誰かに届いてはいるのだろう。見上げる窓は回転する赤が左から右へ振り子のように流れる。拡声器が「投降しなさい」を定期的に繰り返す。
 男は「人質は無事だ、僕たちは国へ帰りたいだけだ」、そう返す。要求というより懇願に聞こえた。声を荒げるたびに語尾が弱弱しく千切れる。

「帰りたい、か。ねえ、あなたたちはどこから来たの?」
「遠い……おまえたちが嫌っている国だ」
「……嫌ってる? 私たちがあなたたちを?」
「そうだ、嫌っているくせに私たちは買われる、そして使われる」
「そう。あなたが帰りたいその国はあなたを売ったのね」
 彼はそれに応えなかったが動揺がその目に浮かぶ。真っ直ぐに私を見据えていた視線は揺らぎ、羽虫を追うように左右に揺れ、やがて行き場を失くして床へと落ちる。
 天井に張った雨が滴になりぽつんと落ちる。
 彼らは貧しい山村に育ったのだという。飢えても食べるものはなく、土を舐め樹の皮を剥いだ、家財を売って都へ向かおうとした大人たちの痩せた背を見て育ったのだ。それはかつてのどこかに似ている。そう、私たちが育ったこの国だ。

「君たちは包囲されている。どこへも逃げられはしない。投降しなさい」
「僕たちは誰にも怪我はさせない、国へ帰らせて欲しい」
 言語とはなんと貧弱なのだろうと私は思う。同じ時代、同じ国に生き、同じ呼吸をする者同士が互いの主張を理解することさえままならない。
 彼らの要求が聞き入れられることはない。そもそも通じているのかどうかも怪しい。
 噛み合わない言葉と言葉が放物線を描いて落ちる、それぞれに拾い合うことはない。湖に放り込まれる石と同じだ、着地点を見つける者がいない。
 それでも彼らは叫び続ける。
「帰りたいんだ」と。

「少しだけ我慢して欲しい。僕たちはあなたたちをキズつけたりしない」
 それは一昨日のことだった。
 ニット帽を深く被った男たちはそれぞれに武装していた。紛争やテロリズムは現実の出来事ではなく、あくまでニュースのなかかフィクションの世界だと考えていた私たちにとって、それは唐突な悪夢のようで、ただただ、呆気にとられただけだった。悪質な悪戯だと勘違いした一人は威勢良く立ち向かいはしたが、天井に向けられた銃声の一発で腰が抜け、へたりこみ、漏らして床に溜まりをつくった。
 片田舎の、小さな町工場を襲撃してなにになるのかと思ったけれど、彼らの要求は金銭ではなかった、そして、わずか半年ほど前までここに従事していた人々だった。私たちの半分以下の賃金で、倍以上の労働を課せられた、名前さえろくに記憶されない外国人のAとBとCとDだった。
 彼らが願いを発露できるのは自らを買い、道具として扱った場所しかなかった。

 そう、声高に人権が叫ばれる一方でヒトは使い捨ての利く道具でもある。
 彼らがそうであったように、私がそうであるように。


 















Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3163-f19b65cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。