-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-07 18:30 | カテゴリ:文芸パンク

「神は転寝ながら杖を持つ」


空は澄み渡っている振りを、あくまで装うのは純白、
悲鳴に聞こえるトランペットや秒ごと草地に仕向けるオルガン、
夏には人の気配を盗み、冬には刻を奪いたもう、
夜にはそれを告げる鐘、仕事終わりが俯きそぞろに歩く路、
どうしてだろう、それは従順なる黒い葬列、
君にも僕も、そうとしか見えないのはなぜ、

孤独は君の隣にあって、重なり合う影は唯一、
あてもなくしてぶら下がる、見果ての視界はいつぞやの、
ネズミの囓った痕がある、まことしやかに囁かた、
星の終わりの地図が浮かんだ、

殉教者になれぬ私はいまこの土の匂いを探る、
雨の後の湿り気と、氷が始まる夜の連れよ、
嗚呼、手繰り寄せては集まる悲鳴、
誰も彼もが神を振り向かせようとしているようだ、
さらには微笑ませようとまで目論む様は無様に過ぎぬか滑稽か、
昨日の葬列には蛇が、巻きついては離れなかったと風が教える、

個々とは既に孤々となる、繋がるのは家畜としての綱が精々、
人畜無害な流行歌を口にする、其処にはもはや何もない、






Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3159-a68004b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。