-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-24 18:30 | カテゴリ:砂時計のクロニクル
201412032036033a0.jpg

「砂時計のクロニクル end ~わたしの願いごと」


「例えばね」、彼女の声が聞こえた。いつから聞いていないんだろう。
 分からない。分からないけど、それは花の香みたいに胸の奥にまで届いてくる。
 
「あのとき、砂時計は止まらなくて。いつもの朝が訪れて、いつもと同じように君に逢えたとするでしょう」

 隣にいたときはそれが当たり前だと思ってた。毎日ふたりでいることや、特別なことなんてなくっても幸せかもしれないって思うときもあった。

「きっとそんな幸せだってあったはずだって思う。私たちはそうじゃなかったけれど、そんなふうに生きてきた人はたくさんいるわけだから」

 そうだね。でも不幸だとは思わない。そんなふうに思いたくないんだ。
「ねえ。僕たちは離れ離れになっちゃったけど……でも、でもさ」
 そのあとが続かなかった。逢えないけれど、なぜかすごく近くにいる。そんな気がする。

 僕はオルゴールのネジを巻く。そして明けないままの空を見上げた。
 ふわりふわりと踊りながら落ちてくる白い一輪。それは窓辺に咲いた一輪によく似ていた。

20141203203604049.jpg

「ねえフラウ。君はまだ歩く? まだ探せる?」
「いつか迎えにゆくから。待たなくていいから。いつかきっと……」
 いつかきっと、どこかの遠い朝で。

 僕は思い描く。
 あの懐かしい夜明け前の砂時計の街を。荷物を抱えて歩き始めた、未来を迎えにゆくリヒーナの姿を。
 彼女がまた、同じ景色を見ているように。

 砂時計は止まり、夜明け前で止まってしまった時間。太陽が差さなくなった世界は静まり、氷は溶けず、花は枯れて、鳥たちは東へと飛び、やがて人々は言葉を失くしてゆきました。
 昇らない太陽。それは神様の消えた世界と言われました。
 季節は真冬だけになり、生まれてくるよりも失われてゆくものが多い時代。
 やがて、祈ること、願うことは忘れられ、人々は安息の地を探して歩き続けるしかなくなってゆきました。
 真夜中よりも寒く、かすかな光でにじむ視界。待ってはいられない未来へと手を伸ばす人々。

 二度と交差することがなかったとしても、それでも時間は止まらず、巻き戻すことはできません。

「約束がね……まだ果たせていない約束があるんだ。僕の声は届いてる?」
「うん。聞こえるよ。だから歩いてるんだよ、君も私も」
 朝は遠くて、繋ぐはずだった手。触れようとして触れられないままの手。
 ふたりはお互いが見上げているはずの空に、光る星にいつかの朝を思い描いているのでした。

 少年はオルゴールのネジを巻き、鳴り始めた音楽に合わせて歌う少女を描いた。
 少女は止まった砂時計を振り返ることもなく、未来へと歩き始めたばかりだった。小さな手のひらが重なり合う未来を祈る。
 ふたりは同じ方向に向けて走り始めた。

 「君に逢える未来のために」

fc2blog_20141204095137fad.jpg




<おわり>


Merry Christmas. To you, dear readers.
〝LOVE & PEACE〟

2014.12.24 Billy tanaka



【著者指定テーマ曲】
YUKIさん / わたしの願い事 (YouTube Official Channel)







Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3138-38597df4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。