-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-23 18:30 | カテゴリ:砂時計のクロニクル
2014120320365467c.jpg

「砂時計のクロニクル #9」


「君はいま、どこへ向かって歩いているの?」
 僕は少し考えてから答える。
「未来。うん、未来なんだと思う」
「未来って?」
「僕たちが笑顔でいられるはずの、いまより少しだけ先にある場所」
「そこにはたどりつける?」
「たどりつけるまで歩くって決めたから」
 東へ東へと僕は歩き続けている。まっすぐ前にあるのは夜明けのかすかな太陽の光。大切な人の笑う顔。
 いまの彼女を思い描くことができる、そんな気がした。

『いつか。
 リヒーナ、いつか、僕は戻るよ。いや、戻るんじゃない。過ぎた時間は戻ったりはしない。夜明けが遠くて遥か未来になったとしても、僕は必ず君の待つ街へたどりつく。
 オルゴールを鳴らすたび、いつだってその音色が僕を連れてってくれるんだ。いつかの、夜明けに』
 そこまで書くと、もう続きは言葉にならなかった。


 人は夜明けを待つことなんてできなかった。どこにあるのかさえ分からない太陽を探して、誰も彼もが街を離れた。

20141203203600359.jpg

 私は……私はいま、君から届いた手紙を読み返してから、それを大切にバッグのなかに入れた。もちろん、オルゴールだって入ってる。
 私もゆく。君と君が探してる未来を迎えにゆく。

 この街から遥か遠い東の土地。黄金の砂が流れる大河をたどれば、君が歩いたはずの足跡をたどれば、そこでまた逢える。

「聞こうと思えば、ちゃんと聞こえるんだよ」
「うん。僕にも聞こえてる」
「たくさん話したいことがあるよ。街のこと、君が旅立ってからのこと……私のことも」
「それはいつになるかな?」
「いつか、また、未来で」
 思い出のなかのフラウと話しているつもりだったのに、君の姿はこの街で過ごしたころの君とは違ってた。少し大人になって、声も変わりつつあった。
 私だってそう。
 待ってるだけじゃなかったんだよ。ちゃんと生きてた、毎日を生きてたんだ。
「じゃあ、いつか、未来で」
 手を振ると幼い彼は光のなかに溶けてゆく。

 私もまた旅に出る。
 未来を迎えに行った君を迎えに。

fc2blog_2014120409403359e.jpg





【つづく】







Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3137-0f55cb19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。