-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-29 12:00 | カテゴリ:instagram × 文芸パンク


「雨のあとに骨の花」


思い出して降り出した、
軒下には雨宿りの砂時計、
鐵工所には解体されてるシトロエン、
記憶はもうない、景色の代わりに距離を刻んだメーターの、
二度とは振れない其の長針、

溶かした鉄が銃器になって生まれ変わると初めて知った幼子は、
悪に向けて火を吹く砲を思い浮かべて踵を鳴らす、
炎上した後、血を吐くのもやはりは同じ生き物と、
彼が知ってしまうころ、清濁なんぞに大差はないと教える誰かはいるのだろうか、

天にて星は墜ちてゆく、惑うばかりで願い事など訊き取る様子は微塵もない、
天にて陽は甘い戯言凍らせようと、雨を凍らすことを思う、

空はいよいよ高く冷たく、降らせるつもりの氷を溶かすために在る太陽、
皮が破れて骨だけの、傘は眠っているふりをした、
風を背にする雨の花、柄に微かな温度が残る、
飛び立てないのは自身が鳥とは違うこと、
見上げ呟く、氷水落つ頭上には、
白いあばたのあぶくのような、昼の月が無言でただただ夜を待つ、











Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3108-cd731599
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。