-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-07 18:30 | カテゴリ:文芸パンク・憧


「煙吐き出す冬の口笛」


嵐は過ぎて秋の空は遠く澄む、鈴の声の虫が鳴いてた、
風は乾いた砂を誘って、低空飛行で眠りかけの葉を散らそうと、
無言に静寂、冷たくなるアスファルト、
街路を貫く冬の口笛、混ざり込むジタン・カポラル、
煙のにおいと霞む青、

黄昏る赤い夕刻、倒れる真似で地上に利き手、
凍りかける鉄か鉛か愛でてみる、舐めれば幼きころに知る、
膝の擦り傷、錆びない血の味、憶えてた、

夜には葉枯らし、雨が冷たく仄暗く、
目覚めに見たはず草原を、あぶれた金へと染めるんだろう、
帰り路には道標にした坂道の、赤いポスト泣いてるようなそんな気が、
空き地に横転、腹を出して死を待つような、
バスのなかで少し眠ろう、

嵐は過ぎて秋の空は遠く澄む、鈴の声の虫が鳴いてた、
風は乾いた砂を誘って、低空飛行で眠りかけの葉を散らそうと、
無言に静寂、冷たくなるアスファルト、
街路を貫く冬の口笛、混ざり込むジタン・カポラル、
煙のにおいと霞む青、







Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3101-8c13d40d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。