-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-28 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・焦熱


「少年は森を焼く」


その樹々は切り倒されて、根は土から掘り返された、
指先ほどの小柄な緑は皮を剥ぐよう捲り上げられ捨てられる、
暴君たちが好んだ拷問みたいに、

それを積んだトラックは、森と焼き場を行き来する、
四足歩行は毒を飲まされ、ライフル構えた迷彩服が、
逃げに惑う鳥の走る数秒先を狙ってた、
水色の水が流れてたのに、滲むオイルが赤く粘つく、
溺れた魚の白濁した水晶体、

跡にはビルが建つらしい、
張り巡らせた有刺鉄線、カナリヤたちは泣き続ける、
見る人々は嬉しそう、
〝ここには働く場所がなかったの〟って、

君は僕はそのころまだ少年少女、
君は置き去られていた若い枝を持ち帰る、
陶器のボウルに生き残った命を繋ぐ、
窓から光、きれいな水と、
「いつかはまた森になるんだよ」って君は、

枝は根を張り、小さく芽吹き、
やがては脈打つ緑を一枚つけた、
ボウルは底から割れてしまって、
君はその樹を小さな庭に植えかえた、

君より早く樹は育ち、見上げれば木洩れ陽の季、
庭には小さな森が育った、
小鳥が迷い、蝶が舞い、
見世物小屋の鹿や羊が羨ましげに眺めてた、

君は僕は生まれた森を焼き払った、
鳥が住処を作ってしまう前に、
樹々が森になってしまう前に、
自分が大人になってしまうその前に、

森はやがて同じ途をたどるような気がした、
君が僕が飲み込まれた〝文明〟を、
二度と森に遭わせたくなんてなかっただけなんだ、




STAR ENTRYS

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


【PR】

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.

〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3075-4f5b92bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。