-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-01 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・焦熱


「くそったれの月」


尊大なる月を見た、外灯下に集う羽虫に寄り添われ、
聖人君子が清々しい間抜けを吹いた、渇きに渇いてたどり着いた真夜中を、
潤うことなく砂漠を胸にする者たちよ、
いっそのことは漆黒の、闇こそ美しくもある、
息の根、喉から締め上げられよ、紛いの美談を翳す阿呆よ、

永遠なんぞは永久なる眠りのなかにしかないと、
どうにも気づいてしまった日の昼は、
指折り数え何も持たない、単なる13歳は渇きに渇いた息を吐く、
思いを馳せる、最果てたる砂漠の月夜、
手のひら、羽虫が見せる腹、
息絶え、直毛たる其の脚は、
微風に動きさえもしなかった、

凡庸すぎる私には、月の灯りの違いなど、
大差はないと思うのだ、願いを翳す、
それはどうにも愚かに候、
傲岸不遜な人人よ、お前なんぞは見てもいない、
尊大なる真円の、黄金たる月の灯りよ、
手も届かぬがお前欲しがる邪な、
畜生共が這う地のことなど視界の端にも捉えてくれるな黄金よ、

思い切りの嘲りで、お前が地上を見下ろしているくらい、
それくらいなら凡庸過ぎる私にも、分からなくはないんだと、
射抜く視線で見る真円、
嗚呼、どうにも気分が悪いのは、
夜にさえも漆黒が、用意されぬと気づいたからだ、




STAR ENTRYS

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


【PR】

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.

〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3072-90e0ceca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。