-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-14 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・憧


「祭囃子が聞こえる」


宵闇移るあの坂の、向こうから駆けてくるのは撥の音、
打律に酔う酔う囃子声、軽薄なる剽軽や、
甘く溶ける飴の匂い、振りに返りし浴衣の袖と、

灯る提灯、その赤み、酔いに任せし博打打ち、
身ぐるみ剥がれて水浴びて、太鼓とからかう声ばかり、

祭り囃子が届く夏、黄昏れ少し早くなる、
囃されながら過ぎにて候、祭り囃子が聞こえてきたら、
少年期の夏の日の、過ぎし想いが走馬灯、

縁日、金魚、綿菓子と、焦げる醤油の甘い匂い、
夕刻にて夏はまた、過ぎるばかりの時期になる、

祭り囃子が届く夏、黄昏れ少し早くなる、
囃されながら過ぎにて候、
祭り囃子が聞こえてきたら、
少年期の夏の日の、過ぎし想いが走馬灯、








蝉時雨や宵灯火、火揚げの季には琥珀酔い

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


【PR】

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.

〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3065-daaeaade
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。