-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-31 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・旅


「流星今夜」


水の打ち際、最南端、
ジャコウアゲハが舞う砂浜、
少年少女がやがての夜を待っている、
透き通る水の色、跳ねて流れる金の砂、

麦わら帽子にビーチサンダル、華奢な手首に羽のついたブレスレットが音なく揺れた、
浅瀬で小さく丸まった、
彼女は裸足で砂金を探す、
瓶に詰めた金色たちが想い想いに白く発光、

か細く白い、指の隙間をすり抜けてゆく水と砂、
夜待つ間のアミュレット、
眠り始める陽は橙、月は闇を引き連れて、
目を覚ました星たちと、

彼女は言う、「夜は宇宙に繋がってるの」、
まるで宇宙を漂う石の孤独を思う時間、

砂に描いた優しい言葉は波に消されて、
かわりに青い星を置いてゆく、
闇のその濃さ、星は永遠みたいに輝いて、
ふたりはじっと宙を眺める、

今夜、はるかかなたを流星がゆく、
そんな気がして、少年少女は眠れないまま、
導き合わせる星と砂の連なりを、

星がまたたく、そのいくつかは落ちてゆく
重なり合う奇跡を思う、手のひらのボトルから、
溢れる水と砂の金、
幾億にもなる流星たちの軌跡を追った話を聞いた、
再びそれを紡ぐ日を想う、やはりは手のひら眺めるだろう、




flash back entrys

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


【PR】

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.

〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3061-44e55d17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。