-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-08 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・憧


「そばかす」


黄昏れ過ぎた、透き通りもせぬ頭上の群青、
流れゆく星ひとつ、一瞬灯って無言の藍、
月を中央、散りばめられた、
輝きたちは旅立った、幾億もの祈りの結晶、

過ぎた者は忘れてしまおう、其れも赦しの思いのかたちのひとつ、
ここには生憎、永遠がない、
忘れゆくから此処にいない者はいない、
それでいいんだ、それがいいんだ、

私は君を赦すから、君は私を赦し続ける、
これからずっと、これからきっと、
繰り返しのなかに生きてく、これからずっと、
それでいいんだ、それがいいんだ、

話す彼女の横顔の、頬を染める裸の炎、
気にしているそばかすが、夜の空の星よりずっと、
見ていたいだけだった、
流れる星屑より隣、隣の君のそばかすを、
いまも見ている小さく儚い生きた跡、

炎に揺らめく白い頬、耳たぶ揺らすくらいの囁き、
これからいくつ、これほど尊く、
どれくらい重ねゆけるかまだ知らない、
やがては小皺が増え嘆く、それでいいって笑顔で僕は、
思えるように生きていたい、
捧げる言葉はただひとつ、



写真はこちらで撮影させていただきました。
 Aさん、いつもお世話になってます。


world's end chronicle

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


PR

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3049-69b4eabd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。