-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-06 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・憧

「波に揺らぐ月の夜」


波間たゆたう海月は微かに青く透く、
鐘の音が鳴っていた、海鳴りなのか吹鳴か、
どちらにも思えては、やがてどちらでもないと、
路傍の花束、其れを聞いているのかいないのか、
聞きようにも聞こえぬだろう、
何故なら彼らは耳を持たない、

支柱から万国旗、四隅に伸びる色其々、
採石場の鉱夫たち、手にした僅かな金の粒、
油と泥が滲む手のなか、光ってるようにはとても見えない、
かしげる首の歪なる骨、灼けた其処が消えてゆく、

壁に落書き、愛や平和はそこいらじゅうで配ってるから、
それより自由をくれないかって、
飛び立つ鳥を真似た舞踏家、肩甲骨を除去する手術をふと思う、

汝が故の孤独に満つる魂よ、
掬い上ぐにも届かぬ手、指は十しかないのだと、
足りなさばかりは数えもきれぬ、
汝が故の百年ばかりの孤独を以ってなお、
どうにも救えぬことばかり、

せめては終わりが静謐なれと、
溶けて消ゆる海月の姿を其処に見据える、
滔々たる流れに沿って、幾ばくかの無言に落ちた孤独たちの最期を川に、
やがては其れが海へとたどり着きますように、

春に想い、夏に想い、
秋に想い、冬にも想う、
私たちの生の脆弱、波に浮くのは海の月、
其処には唯のひとつも意志はない、
汝が故の孤独に満つる魂よ、
救いを求むも其れに届くこともない、
せめては波に酔い痴る海月のように、意志を失くして漂うがいい、



閃 バナー 画像




にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
にほんブログ村



芸術・人文 ブログランキングへ




【PR】
流星ツアー (表題作を含む短編小説集) / 田中 ビリー

¥1,365
Amazon.co.jp


あの人への想いに綴るうた/渡邉 裕美

¥1,470
Amazon.co.jp

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3015-5faed0be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。