-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-18 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・焦熱

「鳥使いのノイ」


夜の東を眺め育った、
枝を拾って指揮者のように、星と星を繋ぎ合わせる、
指で笛を鳴らす横顔、神の傍の「鳥の使い座」、
黄金一羽は月の近くで、羽根を広げて飛び立つところ、

伸ばし始めたばかりの髪がもつれて跳ねる、
カールの下の長い睫毛と薄い目の色、
かすれつつある歌声は、彼にさえも分からない、
聞き覚えを繋げた独唱、

インクが滲む万年筆と、四隅の黴びた包み紙の束を抱く、
永遠の眠りに着いた、青い羽根と引き換えた、
なのに彼は読み書きできない、話すことも伝わらない、
時にさえずり真似てみるだけ、想い人の名前も呼べない、

鳥使いは朝に目覚めて、
鳥使いは黄昏れ刻に丘を離れる、
「さようなら」も「また明日」もない、

夜は再び窓から空を、厚い木綿にくるまって、
南に浮かぶは鳥の使い座、
彼もやはり無言で指笛吹いている様子、

丘陵翔けた鳥の視座を瞼に描く、
月の裏側まで届く、神の鳥は風になる、
深く濃くなる森の闇、雨季の青い匂い、
雨の空にも鳥の使い座、
指笛吹くから「神様呼んで」と、
草原から黄金一羽、見てきた景色を僕にも見せて、

鳥使いの少年は、誰にも伝わらない言葉、
裂けんばかりの叫びの声で、想い人への想いのたけを、
天にまします鳥使いの神様に、
今夜も鳥の哭き声で、





STAR ENTRYS

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


PR

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3010-d1bcc7b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。