-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-15 12:15 | カテゴリ:文芸パンク

「フリックスター」


月の裏側、星を見ていた、
絶える間近のイヌの死骸を、ついばむ鳥の嘴は、
艶やかにも赤だった、黒に見紛うほどに赤くて、
垂れた雫が十字描いた、だけどそいつは不味いらしくて、
這い回るアリたちに、まるごと全部くれてやるって、

白から始まるすべての色を、
五十音順、並べた花のグラデーション、
尽きるころには星を一周、それからまた始まる白と、
ひとひらずつ踏みつける、律儀で優しさなんて忘れた、
今は農夫の宇宙飛行士、名前はミスター・フリックスター、
「誰も彼も見返りばかり欲しがっていた、
一言くらい、マシなことを言ってみろ」って、
左側の上下のふたつ、犬歯を見せて作り笑いを浮かべてた、
ライフル構えて引き鉄には爪のない指、

ドブネズミが朝からワインをラッパ飲み、
あちらこちら欠けていた、それから灰に薄汚れ、
だけどそいつはヒトだった、
睨んでいまフリックスター、ヒトもネズミも大差はないと、
月まで来てお喋りな、
群れなすヒト科をまとめて殺す、
シナリオ、アタマに描いてた、





芸術・人文 ブログランキングへ



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
にほんブログ村


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3003-1d2970f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。