-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-26 18:30 | カテゴリ:ショートショート・フィクション

「靴磨きのアッシュ」


 夕暮れは近く、西のほうは深みを増した青が黄色を挟んでオレンジにグラデーションを描いている、教会から鐘が聞こえる、街がヒトがイキモノたちが今日を終えようとしていた。

 オルガンとアコーディオンが鳴り始める、夜が覚醒しつつある、毛皮や皮革に身を包んだ者々が闊歩する時間に変容する、彼ら彼女ら紳士淑女を派手なドレスが迎え入れる。

 その日いちばんの上客を見つけた、ワニの皮でできたウイングチップを履いていた、ワニ皮は台に足を乗せて言った。
「代金ぶん、しっかり磨けよ」
 見下ろす眼は赤く濁り、酒臭い息をしていた、横柄な態度には慣れている。
 分かりました、ぼそり呟いて少年はそのクツを磨き始める。
 いちばんの上客だ、改めてそう思う。サイフには厚みがある、相当な金額を持っているはずだ、パーティでもあるのだろうか、このあたりでは見かけない顔だ、胸のチーフの素材は夜に紛れない金色だった。

 少年は思う。
 ありったけをいただきますよ、そのクツもチーフもサイフもね。
 表向きは靴磨き、夜の彼は手練れのスリだった。見上げる視線に今夜の獲物がだらしなく笑っている。

 夜があんたの時間だと思っちゃダメだよ。
 油断大敵。明日から気をつけて歩きなよ。貧困を装うあどけない顔、口笛が通りを抜ける。暗がりから駆けてくる子供たちは彼の仲間だ。


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2977-47985615
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。