-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-23 17:10 | カテゴリ:未分類

「氷原の煙とナイフ」


鉄から剥がれた錆びに似た色、朝焼けと夕暮れは、
咲くのをやめた花に見える太陽が、
残り僅かな光を放つ、日暮れ前にはスコールの、
夏は終わりに近づいて、

荒天から静寂へ、無人の街を走る野良々々、
アスファルトは寸断された、
そこから咲く野生の花の、空転する想いを想う、
陽に向かうにも空はもう錆びていた、
棄てられているシトロエンから悲鳴が聞こえた、
そんな気がした、どこかで聞こえた気がしただけだった、

あてなく彷徨うかつての子供、
路端から鈍い反射でコインが跳ねる、
それは粗悪な偽造の光、
誰彼なく睨みつけた夏の陽が、
移り変わる季節に移る、
定点カメラが捉えた動画、
埃の溜まり場、溜息まじり、
何処かで誰かと重なった、孤独を隠しきれなくなった、
東に伸びる細い影、空を仰いだ、
氷河の季節が鼻につく、想い出すのは薄氷の花、



Copyright (C) 2013 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2953-21727f46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。