-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-13 18:00 | カテゴリ:ビリー・ギャラリー(イラスト、写真)
国境線上の蟻 トップ画

【画像】果ての荒景


……って、荒景なんて殺伐とした言葉ですけど。
 上の画像をクリックしてもらうか、こちらにリンクを張っています、先週月曜から金曜までの五日間、一日二篇ずつ連載した小説「国境線上の蟻」で掲載していた風景写真です。


網干港 干拓地 なぎさ公園 画像

「国境線」
 もちろん、国境なんて行ったことないので、あくまでイメージですけど。
 このブログによく登場する、近くの海です。



網干港 岬 夕焼け 画像

「落日」
 天気の良い日の夕方にはこんな景色も見ることができます。
 このあたりはコンビナートがあるので、夜は「工場見学ツアー」などで見物にくる方もいらっしゃるそうな。



高砂臨海公園 波打ち際 海 画像

「波の打つ際、跳ねる水」
 同じ瀬戸内海ですけど、ここは上の二枚とは少し離れた場所です。用事があったので、ぶらっと寄りました。



伊保港 防波堤 防潮堤 画像

「波濤」
 さっきの写真は◯◯臨海公園という、散歩するコースがあったり、かなり広いんですけど、ここは無機質さが好きです。
 近くですけど、また別の埠頭。



旅の果て 世界の終わり 終景 画像

「終景」
 や、終景つっても。物語のイメージとして、です。悪天候がラストシーンに合うので、天気の悪い日を狙ってました。
 防波堤の向こう側には釣り人たちが……。フナムシだらけで気持ち悪いことこの上なかった(笑)。



 鳥が飛び立つ瞬間を撮りたいと思いながら……じっと待ってられないし、だいたい近づくと逃げるし。

 少しずつ寒くなる季節。
 長袖のシャツを着て白い息を吐き、冷たい風のなかを歩く。
 夏より冬が好きなので、朝夕の冷たい風がとても嬉しい。

 では、また。
━━━━━━━━━━━━━━━
LINKS
ジョニー

彷徨詩篇・天

祈

景
Twitter
facebook
instagrum
FC2


【PR】

流星ツアー/田中 ビリー

¥1,365
Amazon.co.jp


あの人への想いに綴るうた/渡邉 裕美

¥1,470
Amazon.co.jp

Copyright (C) 2013 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2921-51e39412
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。