-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-24 12:06 | カテゴリ:ショートショート・フィクション
地球 未来 寒冷化 画像

地球外生命体 宇宙人 イラスト 画像

「かつてここは」


「水都……? 都はどこにあるんだ?」
「真下だ、俺たちのケツの遥か下にある。いまはサカナたちが住んでる」
 水平へと陽が落ちてゆく、彼ら二人を乗せたボートは中空に漂う羽根のように揺られ続けている。
 風は音すらあげず、そして遅れて波が届く。
 静謐は無音よりも多弁だ、そこが既に気配さえ失われた世界だと語り続ける。

 なんど見渡そうにも周囲には水面とそれを分ける水平線しかない。
 一定の間隔で送電線が伸びている、そしてそこには休む鳥が小さく見えた。

「行き先は……ねぇな、もうさ」
「好きな方角へ漕いでくれていいぜ」
「自由すぎるってのも困っちまうな」
「牢獄とどちらがいい?」
「……メシが食えることに関してのみ牢獄、それ以外はいまのほうがいいね。お前は?」
「どちらにしても同じ結果が待ってる。そう思えば、昨日よりは今日がいい」

 かつてここは。
 かつての此処は、栄華を極めた都市だった。古い地図にはそう示してある。発行年月日は滲んで読めない。
 だが、読めたところで彼らに年月日は意味をなさない。時間すらない、小窓から見る朝と夜しかなかったからだ。

「で。せっかく逃げ延びたんだ、せめてビールくらいなんとかならないか」
「何処かから流れてくるのを待つしかないな」

 ふたりは笑い合う。シャツは片袖を失くし、首に光るチェーンはその先端に羽根を模したヘッドがついている、だが、泥にまみれ酸化し、光沢はない。

「そろそろトイレを見つけないとな」
「周り全部トイレみたいなもんじゃないか」
「腹のなかに……腹のなかにカギがある」
「カギ……? どこかの金庫か、それとも……?」
「開いちまった空の蓋を閉めるカギだ。いまさら遅いような気もするけどな。でも、早いとこ閉めてしまわないと……」
「次の雨で俺たちがアウトってわけか」
「察しがいいな」

 見ろ、ひとりが言う。
 視線のさきには月が蒼く目覚めていた。
 夜の世界を冷たく支配するそれに空を閉める蓋がある。
「俺たちの祖先はあの裏側に住んでいたんだ。この地球って星に住んでた生命を絶滅させるために、空の蓋を開いたらしい」
「へえ……俺たち以外に知的生命が……」
「すべての生命がそう思ってるってことだ」

 無造作にチェーンを引きちぎる、そしてその羽根を掲げる。
 月の表面が点滅する。一定間隔ごとにそれは停止し再開する。
 その光は徐々に近づく、巨大な影が輪郭を伴い、やがてそれが何であるのかが目視できるまでに近づく。

 水面に浮くボートのうえのふたりの前に、現れたのは船だった。
 
船 宇宙船 使徒 画像



━━━━━━━━━━━━━━━
LINKS
景

ロックンロール・スイッチ

祈

彷徨詩篇・天


田中ビリー facebook
Twitter @machinegunbilly
Simplog
BILLY_TANAKA (instagrum)
flickr←new!!
シアター・ジャックナイフ(FC2ブログ)

流星ツアー/田中 ビリー

¥1,365
Amazon.co.jp


あの人への想いに綴るうた/渡邉 裕美

¥1,470
Amazon.co.jp

Copyright (C) 2013 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2888-60893812
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。