-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-21 07:44 | カテゴリ:文芸パンク・連
天使 悪魔 羽根 画像

モデル 戸田恵梨香 イラスト 画像

「くちづけ #3」


残る力を振り絞る、
ドゥルーア、天使になれたけど、
羽根を広げる力は微か、揺れて目指す西の森、
たどたどしくも健気にも、

想いよ届け、こんなに暗がる羽根になった、
どれくらい経つだろう、明るい灯りの窓を振り返る、
あの日あのとき、くちづけだけが胸の奥の疼きになった、
僕は黒い翼の天使になった、
誰もが僕を悪魔だと遠巻きに恐れるだけで、
いつの間にか冷えた体で、

せめて最期はあの娘に逢って、
そして消えてしまうんならそれでいいって、
使いに与えられた力でもって、少女が思い出してくれたなら、

最後に最初のチカラを使いたい、
この羽、もう黒く染まった、
それでもきっと分かってくれる、

あの懐かしい窓枠に立つ、錆びた鉄が裸の足にざらついて、
少女はもう子供ではなく、僕がヒトの世界を生きてるうちに、
時間はずいぶん過ぎたみたいだ、

〝いつかはごめんね、君を思い出したんだ〟
それだけ言って、キスが頬に温もりを、
少女はいつか大人になった、
だけど変わらず部屋の中に生きている、

白い羽は残る1枚、
彼はそれの使い道を決めてきた、
ヒトの世界の女の子、僕が初めて触れた温もりだけは覚えてる、
最初で最後の力を使おう、
汚れた羽根でも僕は天使だ、

〝もう名前はもらったの?〟
きっとうまく笑えていない、
ささやかな月の光でさえも体中を貫く矢のようで、

〝ドゥルーア、痛みが名前になった〟
〝じゃあ、また天使になれたのね〟

少女がそう言い終わる頃、
黒い天使は羽1枚を残して消えた、
明日の朝日が昇るとき、彼女は強く、
そして僕はすべての痛みを引き受けて、
灰に散って消えるんだろう、

それでいいって分かってるんだ、
僕はそのためだけに生まれたんだ、
たった一人、
温もりくれた彼女のためにすべてを捧げるって決めたから、

キュラソー 街並み アメブロ 画像





this plogram......
〝original plot / nsu〟
〝rewrite / billy tanaka〟

kiss #1
kiss #2

……終
━━━━━━━━━━━━━━━
LINKS

ジョニー

時計じかけのジュヴナイル

ロビンソン


田中ビリー facebook
Twitter @machinegunbilly
Simplog
BILLY_TANAKA (instagrum)
flickr←new!!
シアター・ジャックナイフ(FC2ブログ)



流星ツアー/田中 ビリー

¥1,365
Amazon.co.jp


あの人への想いに綴るうた/渡邉 裕美

¥1,470
Amazon.co.jp

ビリーバナー

Copyright (C) 2013 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2840-49f4223c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。