-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-16 18:48 | カテゴリ:文芸パンク
宇賀なつみ アナウンサー イラスト 画像


「運命のひと」


さんざめく海飛沫、
いつまでだって聞いていられる、
それは甘くも優しくも、儚くも悲しくも、
気分によって変わる音楽、
胸の奥をつつくよう、
鼓動に近いリズムのようで、
ずっと想うはひとりだけ、
ずっと想うはひとりだけ、

深海の夢を見たんだ、
それは宇宙にいる気分、
ぽつんとひとり、漂うように流れてるのか、
いっそ一人たゆたうだけか、
淋しさと心地好さ、
その間の言葉になんてできないような、
覚束ない足だった、
溶けた氷を歩いてるよう、

ありがち過ぎるラブ・ストーリー、
王子が名無しに恋をする、
不良と聖女が愛を誓う、ありふれ過ぎた筋書きは、
誰もがきっと、心の隅に望んでいるもの、

レンガのカフェの名前はロジカ、
2階は空き家になっていて、
彼女はそこに暮らしてる、夜の晩餐呼ばれては、
ろくに吹けないハープを鳴らす、
酔い人たちは気づかないから、不協和音を響かせる、

そうそう言い忘れてた、痩せてノッポでイヤミなくらいに磨いた靴を、
真夏にだって履いている、
まるで海が似合わない、
ダービーハットのキザなやつ、
ありもしない甘い嘘を売りつける、
自称の絵かきが来たら伝えて、

ずっと想うはあんたじゃなかった、
ずっと想うはあんたじゃなかった、
それでいいから、すぐに忘れてくれていいから、
思い出なんかにしなくていいから、



━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー


夏の光とカウガール
対岸にトランペット
うたかた
放課後
美しい世界
森の日々と追憶と
水の泣き声

風は悲鳴みたいに聞こえる
蒼白の風のなか
夜と朝の虚空に流るる
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2797-4b9809b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。