-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-04 11:48 | カテゴリ:少年ゾンビ高橋。
少年 ゾンビ イラスト 画像


「少年ゾンビ高橋。#5」


夏 イラスト 少年 画像


西島秀俊 イラスト 画像


この街で静かに暮らしてゆくってもなぁ……」
 巡査は困惑する。こんな出自不明のゾンビらしい子供が徘徊している状況と言うのは問題のある状況と言わざるを得ない。
 しかし、打開案もとくにない。

「暮らすと言っても……学校とかどうするんだい? 小学校にも行ってないなんて大人になったら苦労するんじゃないか……」
「……や、おまわりさん……ゾンビ相手に将来もクソもないから……」
「……。確かにそうか……けど、じゃあ、君は何をして過ごすつもり……?」
 その問いには少し詰まる、高橋くんはとくにすべきことがない。
「……うーん……徘徊とか……?」
「それはダメだろ……また通報されるよ」
 蒸し暑い交番、陽射しがあちらこちらで飛び跳ねる。そして生温い風が吹き込む。ゾンビにとっては死活問題の腐敗日和だ。

「働こうかな……僕。バイトとか探して……就労って義務らしいし」
 どこにゾンビを雇用するバカがいるんだ、巡査はそう思うが口にはしない。
「子供を雇ってなんてくれないよ……大人でもなかなか仕事は見つからないんだから……そもそも君が子供なのかどうか分からないけど」
「じゃあ……どうしよう?」
「うん……どうしようなぁ……」
 ふと巡査は時計に目をやる。本日の勤務時間が終わるころだ。
「高橋くん。この続きは明日にしないか? 明日は非番だし、僕は疲れた」
「疲れたっておまわりさん……何もしてないじゃん……僕と喋ってだけじゃん。それでいいの地方公務員って……」
 
 邪魔くさいなぁ……ゾンビってなんて邪魔くさいんだろ……なんでこんな理屈っぽいんだろ、このゾンビ……。ゾンビらしく民家でも襲撃してくれれば話が早いのに……。

 おまわりさんは巡査にあるまじきことを思った。


<「今日はジャイアンツ戦で藤浪くん登板やん!」と楽しみにしてたのに雨やん的に続く……>

━━━━━━━━━━━━━━━

少年ゾンビ高橋。

少年ゾンビ高橋。
少年ゾンビ高橋。#2
少年ゾンビ高橋。#3
少年ゾンビ高橋。#4


ジョニー バナー

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー


 
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2773-8e6c71b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。