-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-26 08:47 | カテゴリ:少年ゾンビ高橋。
少年 ゾンビ キャラクター イラスト 画像


「少年ゾンビ高橋。#4」


モデル 西島秀俊 イラスト 画像


ゾンビ 少年 イラスト 画像


 冗談だろうと思いながら巡査は消臭剤と防腐剤を手渡した、いつから放置されていたのかさえ分からない、ラベルは色褪せ、埃が白く積もっている。
「体に悪いと思うよ……」
 ムダだと思っていながら、一応、注意だけはしておく。
 曲がりなりにも彼は警察官なのである。
「そんなの分かってるから」
 意に介さぬ様子で高橋くんは喉を鳴らして一気に飲み干した。その姿はまるで部活動のあとの麦茶を飲む少年のようである。

……厄介なのに関わっちゃったなぁ……。
 巡査は思う。なぜよりによってゾンビなどがこんな平和な村にいるのか。そもそもそんなものがほんとに存在するのか。
 逡巡しても答えはない。あるはずがない。
「で。君はこれからどーするんだい?」
「どーするって言われてもね……」
 その表情に困惑はない。諦観も達観もない。特殊な状況を受容するほど大人ではなさそうだが、少なくとも嘆いてはいない。
「まぁ……夢を持って生きてくよってワケにもいかないし。死んでるみたいだしね」
「君、親御さん……とかいないのかい?」
 穏便に済ませられる事象なのかどうか分からないが、ともあれ交番に置いてゆくわけにもいかない。
「んー……。居ないんじゃない? そのあたり記憶にないけどね」
「そう……」
 参ったなぁ、巡査はそう口にする。
「映画とかなら……うん、研究施設とかに保護してもらうところなんだけど……ググッても出てこないだろうなぁ……」
「おまわりさん、現実を見なよ。そんなのあるわけないじゃん」
「けど、ここにいられても困るんだよ……交番はゾンビ少年の宿泊所じゃないんだから」
 高橋くんと巡査は同時に腕を組み、そして溜息をもらす。
「行き先が決まるまでこの町で静かに暮らしてくよ」

 高橋くんは身寄りのない孤独な老人のように答えた。


<なんとなく続いてしまうらしい……>

個人的に忙しい状況で更新が変則的になりそうなので、コメント欄を閉じることが増えそうです。ご了承くださいやで。
━━━━━━━━━━━━━━━
少年ゾンビ高橋。
少年ゾンビ高橋。 #2
少年ゾンビ高橋。#3


━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2760-21c94c02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。