-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-20 10:41 | カテゴリ:少年ゾンビ高橋。
photo:07


「少年ゾンビ高橋。#3」


photo:01


photo:02


 泥水にまみれ汚れた衣服はほころびも目立つ。見る限り欠損箇所こそないものの、彼自身の肉体も状態がいいわけではないようだった。
「……君……名前は?」
 恐る恐る聴取を始めた、もつれて束になった少年の髪から滴が落ちる。ほんの数秒で小さな溜まりが床にできる。
 建て替えさえ為されない戦前からの交番、その木貼りの古い床板だ、そのまま色移りしてしまうかもしれない。

「名前……名前は……えぇと……」
 名前……なんだっけ……そんなこと考えて生きてないからなぁ……あ、もう生きてないのかな……。
「高橋くん、でいいかな」
「おじさん、僕のこと知ってるの?」
「おじさんじゃない、僕はまだ三十歳だ」
 巡査はおじさん呼ばわりを嫌った。
「シャツの胸に刺繍がされてる。高橋、と。ずいぶん汚れているけど読めなくもない」
「ほんとだ……僕、高橋っていうのか……」
 泥か汗か血かそれ以外か、あるいはその数種が重層的に汚れの原因か。

……しかし。この薄気味悪く小汚い少年……保護したはいいが……このあとどうすればいいのだろう……。
「高橋くん……君さ……えぇと何から聞いておこうかな……いや、その前にさ」
「ん?」
「君が交番に来てからハエが……」
 巡査は払い除けながら現象を不審に思う。
「あー。おまわりさん、防臭剤とか殺虫剤とか、くれない?」
「いいけど……それ、どーするんだい?」
「飲む」
「え、飲む?」
「暑いじゃん? 腐敗も早いし虫も湧くし。消臭剤もあれば臭いもマシになるかなぁ……」
「……」

……なんだこいつ。だから田舎はイヤなんだよなぁ……いつまでこんなのと居なくちゃならないのか……。

「おまわりさん、僕、ゾンビみたいなんだよね。なんでそうなったか知らないけどさ」
 高橋くんはなんでもないことのようにそう言った。


<この続き、どうする? オチる?>

━━━━━━━━━━━━━━━

少年ゾンビ高橋。
少年ゾンビ高橋。 #2


〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2751-90ff259c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。