-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-19 11:04 | カテゴリ:文芸パンク
photo:01


「傷痕と昼と夜」


夜に見紛う、夥しきは虫の羽根、
耳を裂くほど踊り狂うその景色、
窓から見つめる子供達はなんだかそれを不安そうにも嬉しそうにも眺めてる、

再生なんて信じない恋人達は、
キスをしながら終わりに目を背けて、
美しき想い出を抱きよせた、そして終わる世界で眠りを待って、
不良たちは羽根を焼き払おうって騒いでた、
終わる終わらないは別にして、
見慣れぬ景色がただ嬉しいだけらしい、

不愉快ながらも続いてた、
その世界に最期が迫る、
僕らはただその景色を流れる時間として、
もうそれでいいからって、

またいつかこの羽根を思い出す、
そんな日がくるのなら、
またいつかこの羽根を過去にする、
生き延びることができたなら、

舞い散る鱗粉、一粒ずつが発光してる、
舞い散る羽根から落ちる粉、
それで夜は明けてゆく、

どんなふうに明けるとも、
僕らはこの終わりを待つ世界に生きる、
そう、まだ生きている、
終わりを待つこの世界で、


━━━━━━━━━━━━━━━

photo:02


<dust stars memory>

メリーゴーランドに委ねてた

〝joe〟
月と背骨と足元と
high time
砂漠に雨が降る
ルフトハンザの孤独
ランドスケープ・フィクション・ビデオ
〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2750-3c3ff7d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。