-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-30 12:09 | カテゴリ:文芸パンク
風車 丘 油彩 画像

「嵐が丘」


生きるに飽きた、そんなふうに呟いた、
艶のない乾いた指が、
彼を貫くくらいの角度で責める、
聞き飽きた一般論なら他で説きなよ、
余計に欠伸が出ちまうだろう、

真っ赤な舌にグリルチキン、
切れ端は赤茶けた、路地に絶えた犬みたいだ、
最終バスを見送りながら、行き先はどこだっけ、
答えはすぐさ、何処もそうは変わらないって、

彼女と指をからませながら、
他の星の湖のこと、ずっとずっと話してた、
朝から夕までそんなふうにした、
あれはまだそう昔のことなんかじゃない、
なのに随分遠くまで、来てしまったと思い知る、

生きるに疲れた、そんなふうに囁き合う、
あの日、彼女は爪を磨いてた、
それからふたり夜を交わした、湖には雨が降るだけ、

この一本を吸いきるまでなら、
似た誰かがどこかにいるなら、
明日のぶんの夕陽があるなら、
それまでだったら、
それまでだったら、

━━━━━━━━━━━━━━━

ロックンロール・スイッチ

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2747-cc934c6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。