-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-05 08:42 | カテゴリ:文芸パンク
photo:01


「荒天のクライフ」


夏の夜はガス燈の下、暗くなりゆく宙の花視る、
星は幾つだ、霞んでゆく右の眼を閉じ、
裸の足の踵に滲む、黒く爛れ照らされる赤、

今日は何を踏みつけた?
紛いの麦酒で胃を満たす、
裸天の舞を横目に欠伸、片目のネコは眠りつく前、
クライフ、痩せた胸に抱き上げる、
手にしたグラスにテキーラは、
幾何学模様、蝶でも蛾でも構わない、

金の座、銀の座、水銀さえも、
すべて選べる暴動主犯、
だから太陽、背を向けた、
月には煙を吐きつける、

〝王としてなら黒々しい規律にて、
奴隷商の座がある〟と、

嗚呼、何故こうにも愚かしく、
薄汚い手にて人を欺く?
荒んでゆくのはヒトだけなのか、
哀しみすらも忘れゆきそう、映る視界は斑模様、

クライフ、毒を飲み込んで、
瞼に刻みし荒景を、消してしまえと咥える銃口、
夜を迎える用意はできた、


━━━━━━━━━━━━━━━

photo:02


<You Can REDO.>
アフター・サーフ
聴こえてくるアコーディオン
アイソトープ

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)
〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2730-d629121e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。