-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-03 20:13 | カテゴリ:文芸パンク
JACKPOT DAYS!! -poetrical rock n'roll and beat gallery--110703_152811.jpg

「怪人カリギュラ」


怪人なんかじゃなかったよ、ほんとはみんな知っているはず、
彼ははただただ淋しがり屋のひとりに過ぎない、
それからずっと、人より優しいところもあった、

あばら家生まれたカリギュラは、
野牛のミルクをすすって育つ、
だけど彼の目、左右の色が違ってて、
右目で過去を、左で未来を見通せた、

村の神様、太陽を指す大木が、
枯れつつある根の姿を見てた、
その葉に茶色が混じってくのを、
小さなころから気づいてたんだ、
神と崇めたその大樹、
ただの朽ち木と言葉にしただけ、

若い娘の生き血を注ぐ、
くだらないと言い放ち、
あきらめ顔の娘の頬打ち、
胡散臭い伝え話の犠牲になるな、
そう叫んで走り出す、

凶弾倒れたカリギュラだけど、少しあとになってから、
手を尽くせど腐る木の根を知った村人、
長老までが、木を腐らせたのはカリギュラなんだと、
彼を怪人呼ばわりしたらしい、

色の違う両眼が二度と、この世界を見ないよう、
巻き付けた黒い布、見えない代わりにカリギュラは、
地下牢のなか叫んでた、

僕は怪人なんかじゃないって、
僕はただの人に過ぎないって、

娘はやがて、自ら産んだ子の名をカリギュラ、
聖人の名だと言って微笑む、
牢にまだ生くカリギュラはそれを知って涙した、そして静かに眠りについた、


JACKPOT DAYS!! -poetrical rock n'roll and beat gallery--110817_145427.jpg

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2633-8b8feeb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。