-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-20 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・憧


「果ての谷のココ」


夜が明ける、ココは朝を呼ぶ鳥より先、
眠気を誤魔化すミントガム、あくびを数回、
誰が見てるわけじゃなし、隠しもせずに、
メットの替わり、羽根のついたカンカン帽、
手紙を届けるために今日もまた、
ガラクタ同然、単車またがり、
この地の果ての渓谷をゆく、

辛味の強いトマトとチーズのハンバーガー、
ヤギのミルクで流し込む、
半分くらい配り終えれば、ライムを絞った炭酸水、
向かい風に負けないハミング、

〝きょうもあしたもみんなのおもいをとどけにゆくよ〟

気まぐれなスコールや、
夜の寒さに備えたメキシコ生まれの絹編みパーカ、
引っつかんで家を出る、打ち捨てられた山上ロッジ、
星の観測所だったらしい、
帰るとすぐに望遠鏡で星を眺める、

幼いころに見ていた背中、パパもずっと手紙を配って生きていた、
開けた戸の向こうはいつも、目の眩むまばゆい光、
そのあと見渡す夜明けごろのインディゴブルー、
雨の日のこと忘れたいから、

ココは小鳥を呼び寄せて、夜になれば帰ってくるから、
いつものようにそう告げた、
腹を空かせた蛇に似た、数百ものカーブを抜けて、
道に慣れてしまわないよう、ココはのんびり手紙を配る、

夜になる少し前、誰より早く星を見つける、
いちばん先に輝く星を、







Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2626-b00d5ca6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。