-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-09 11:06 | カテゴリ:文芸パンク・連
JACKPOT DAYS!! -reading poetrical beat punk--101214_204150.jpg

「THE TIME CHANGES -part 1/3-」


〝時代は変わる、それは世界のありようさえも姿を変える、
いま、私はずいぶん老いた、
何かを変える力はない、だからだろうな、
私は私の意思を継ぐ、若さが愛おしくも感じてる〟

宴は終わり、閑散たるヴードゥー・ラウンジ、
疲れた顔のダンサーたちはそのきらびやかなる衣装を捨てた、
夜の終わりはもうすぐそこだ、

〝命は受けて継がれゆく、
それが家族だと知った、
例え血の繋がりがないにしてもね〟

男は少しくたびれた、闇がその老いを明らかにする、
ダンサーを愛おしげに眺めてた、
それはまるで我が子を想う眼差しで、

〝家族がいたんだ、私のような悪魔を慕うろくでなしだ、
それでも人は人を想うものだよ、君もそう思うだろう?〟

彼はその命のなかで、それが闇を統べるものだとしても、
確かに何かを手にしたはずだ、
それは繋がり、人と人が結びつく、
優しさとは呼べないまでも、幼き彼を思わせた、
それはやはり家族としか言い表せなきもの、

〝時代は変わる、父である私は老いた、
しかし私には達せずにいる何かがあって、
それは次の世代に引き継がれるはず、
そう、世界がどうあろうと、
汚れたままの姿を晒し、いくら失望に身を斬ろうとも〟

また新たに生きゆく命はあって、
成し得ぬものは成し得ぬままで、
やがて時代は変わりゆく、
そのすべてを見届けようと、
老いた男は席を立つ、

時代は変わる、ただひとことだけを残して、


“THE TIME CHANGES”
THE END(……?).
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2612-d0270e55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。