-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-09 11:45 | カテゴリ:文芸パンク・連

ジョゼとロズワース -part3-


生きる術さえ持たない無力なままの15歳、
貧しきばかりが集まる街には生きる手段も用意されない、

少女は夜の色を売り歩く、
いつか描いた光のまばゆさなんて日常に消されてく、

ナイフ手にした少年は、断ち切れなさを切り裂くように、
拭い去れない赤に手を染め、もう戻れないくらいの闇をゆく、

欲しかったもの、その何かを掴めない、
手にしたのは汚れ物に似た体、例えば放置された猫の轢死体にも似てる、

買われることに慣れない夜をゼロになってやり過ごす、
鳴りやまぬは悲鳴に似た風、僕らが生きるこの世界はそんなものに満ち溢れ、

“このナイフって、何のためにあるか知ってる?”
“知ってるけれど、知らないふりをしていたい、
また何か澱みに触れる、そんな気がして”

生き苦しさを抱えるふたり、いつか見た光のカタチ、
繋いだ手で宙に描いて、色はまだ思い出さない、
色はまだ思い出さない、たぶん忘れてしまったんだろ、
だけど、まだ消えたわけじゃないって気づく、

嵐の海に飲まれる船たち、声すら上げず飲み込まれるは棄てるに慣れた弱きものたち、
闇に慣れた病む街を、再び旅立つ決意はヒカリ、

この雨、この風、蘇らせたヒカリのありか、
ジョゼとロズはあのときみたいに手を取り合って、
鳴る雷雲の向こうに見えた、そんな気がしただけかもしれないけれど、

他の誰より早くゆける少年少女、また陽の射す場所を探して、
汚れを体に刻んだまんま、

また明日へ駆け出した、
また明日へ駆け出した、

生きる限りは未来にまた導かれ、
かすかであっても光を掬い上げながらゆく、
それは誰も同じだって、本当はわかってる、


“彷徨デイズ” ~無音のロックンロールを撃ち鳴らせ!!~-100820_160145.jpg


-end-
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2582-e86fc964
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。