-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-09 11:57 | カテゴリ:文芸パンク
“彷徨デイズ” ~無音のロックンロールを撃ち鳴らせ!!~-100823_203527.jpg

足元、花を蹴り潰す -crazy Remix-


赤紫のボーリングシャツを着た男、
細長いシルエット、固めたポマード、
リーゼントはグレープフルーツの匂いがしてる、
スチール入ったブーツ、爪先はキズだらけ、

夜を生きる意気地無し、あてもなく徘徊してる、
ハンバーガーをビールで流し込む、
路地裏に迷い込んだら酔いは醒めない、

名前はないんだ、あったけれど捨ててしまった、
優しい思い出も、蔑まれた記憶さえ、なにもかもに火を放った、

孤独を装うのが好きで、誰より淋しい男、
左肘の上、慈悲を浮かべる誰かの入れ墨、気づけばいつも撫でている、

父親は逃げたアル中、敗残兵、母親には会ったことがない、
紛いののブラインド・レモンが退屈そうなギターを奏でてる、
恋人ももういない、

ゴミを漁る野良猫や、宿代を欲しがる娼婦、
ガードレールを蹴飛ばすパンクス、
紛いものシルバーを路上に広げる太ったポニーテイル、
カラスが突くゴミの山、道端に咲いて枯れないままの花、

その色はひかりに見えたけど、男はそれを蹴飛ばした、

この街が嫌いで、だけど、どこにも行けない男、
蹴り飛ばして千切れた花の色はひかり、それだけは覚えてる、

飛び散る花びらは光、それだけは覚えてる、

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2569-c8b589cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。