-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-29 18:59 | カテゴリ:文芸パンク

「LESS THAN ZERO part 2」


あの娘に貰ったラペルピンつけてゆく、
シグナルカラーのパラシュートが風に舞う演習地、
そんな国境近くまで、ビトレイ走らすクルマに乗って、

〝ここでいい、手間かけさせたな〟
車を降りた、背中から飛ぶ声はビトレイ、
俺の名前を叫んでた、
振り向く瞬間、ヤツは赤い舌で笑ってた、

ガラガラ蛇を彫り込んだ、
俺の右手の温もりを知る、
鉄だってそれくらいは覚えてる、
瞬時にそんな事を考えた、
引き金にかかるヤツの短い人差し指が、

〝これしかないか〟
瞬間を5つに分けたくらいのうちに、
グラウル、利き手は腰にゆく、

〝未来なんてものはさぁ、弾き金の向こうに広がりゃしねぇ〟
目を閉じてはまた、開く、過ぎるイメージそのままに、
吹き出す血と赤い泡にまみれるビトレイ、

あの娘の星はひしゃげて散った、歪んだまんま散ってしまった、
返り血吸ったブラック・スーツ、
今もその色、生きているのか、
あの娘の星はなくなった、

怒るだろうな、
泣くかもしれない、
血の匂いに気づくだろうか、

〝流れ星は飛んじまう運命なんだ〟
そんなふうに言ってみようか、
彼女なら疑いやしないだろう、
〝やられちまった〟
どうしてだか笑顔になるね、
早くあの娘のところに行かなくちゃ、
赤い足跡つけながら、とぼとぼでもいい、
歩いてくんだ、やたら寒いや、
引きずる赤は黒に混じった、

もうすぐそこだ、
覚えているは笑顔だけ、
どうしてだろう、それ以外は思い出せない、


original text……
“neco-chukuma”.

rewrite……
“billy-t”.

thanks for “neco”.
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2557-9284d347
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。