-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-30 12:00 | カテゴリ:ショートショート・フィクション




「ボールゲーム20XX」


「なにして遊ぶ?」
 八月を直前にした炎天、貨物列車は西から東へ叫びながら駆け抜けてゆく。
「ボールある? 大きいのでも小さいのでも?」
 カーリーヘアを刈り込んだ褐色の少年が問う。
「今日は両方あるよ」
 片袖がないTシャツを着た少年はその腕に一周のタトゥーが覗く、肌の色は灼けた黄色で伸ばした髪は編み込まれている。
「じゃあ行こうか。誰かいるだろ」

 生温い風が汗をかいた肌を滑る、ふたりの横をトラックが追い抜いてゆく。舗装が剥がれて割れた悪路、荷台が何度もバウンドする。
 だが何が落ちるでもない。

 ふたりはマーケットの前を過ぎた、割れたガラスはテープで補修されているがそのうえをさらに割られたらしい。もちろん店内は暗く人もいない。

「昨日は何か食べた?」
「トマトひとつ。君は?」
「鳥……たぶん。ハトかカラスか知らないけど。父ちゃんが獲ったんだ」
「……いいなあ……。肉なんていつ食べたかな」
「今度、父ちゃんに頼んでみるよ。ジェンにも食べさせたいって」
「ほんとに⁈ ありがとうトラウト」
 彼らにはファミリー・ネームがない。かつては誰もが持っていた、だが、いまはそれを持つのは旧世代のみになる。

「結構集まってるね」
 倒された鉄柵を軽々と飛び越えて、ふたりは空き地の中央へと歩いてゆく。真上からの太陽だった、影は足元で縮んでいる。
 陽炎。視界に小さな背中たちが揺れていた。

「フットとベース、どっちやる?」
 子供たちの遊びは限定されていた、何をやるにも足りることはなく、そしていつも誰かがいない。その誰かは明日また会えるかもしれないが、もう二度と会わないかもしれない。

「ゴールは?」
 ひとりが尋ねる。
「じゃあ、あの窓。まだガラスが残ってる」
 人差し指の先には半壊した倉庫がある。
「バットは?」
 別の誰かが聞く。
「これでいいだろ」
 先端が鍵状に曲がったアルミニウムのパイプ。
「じゃ、どっちやるか決めるか」
 帽子を被った少年が手を開く、握っていたのは「100」と刻印された古いコインだった。
 弾かれたそれは回転しながら鈍い光をキラキラ跳ねる、そして砂の上に落下した。
「プレイボール!」
 誰かが叫んで痩せた背中の少年たちが散り散りに走り去る、それを陽が照らしていた。
 どこにでも見られた風景だ。ごくわずかな人々にとって遠い世界でしかなかった。
 そしてわずか先の未来において、その光景は世界のどこにでも見られることになる。
 過去と未来は現代を繋ぐ線なのだと、誰もがどこかで知っていた。


<GAME OVER>

CLICK STAR SWITCH

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


PR

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2481-440b3bc0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。