-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-25 10:14 | カテゴリ:未分類

「夕暮れダリア」


飲み干したビアグラス、
無駄に派手な刻み模様はヌードモデルの最期のポーズ、
乱れるダリアに巻き付かれてた、

噛み潰した、滴る赤を甲でぬぐった、
そして言葉を失う姿を鏡に映す、
呼吸にさえ混じるガラスの息を吐く、

何かを話す、溢れ出すは尖る言葉だけになる、
そして傷を浴びせる口を閉ざした、
もう話すことはないんだと、

口ずさむは懐かしい子守歌、
離れた国にしか流れなかった、
立ち止まって見上げる青に探すものは映りもせずに、

踵を鳴らす、
鳴る石畳と吹き抜く風は海が鳴る、
なにひとつも言うことなんてなくしちまった、
祈る言葉もここにはないと、

廃船浮かぶ朽ちた岬の灯台に、
生きるものは言葉を持たぬものばかり、
それがいいと目を閉じる、

遠くに黒雲、泡立つ波にガラスを吐いた、
飲み込めないままガラスの残り、
そいつをまた呟いた、

海鳥たちは太陽を舞う、
ダリアの咲く岬の赤は、
吐き出す息と同じ色、
氷に似た息を吐く、
氷に似た言葉を探す、


━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

ビリーバナー
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2480-ac351eea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。