-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-22 11:32 | カテゴリ:イケメン・ジョニーはスーパースター?

「それゆけジョニー!」


〝JACKPOT DAYS〟-image


〝JACKPOT DAYS〟-image


「いやーん、行くわよー!」
 別人格が憑依したかのように普段とは違う叫び声が放たれる。
 その意外過ぎる第一声に客席は静まり返る、だがジョニーは気にもせず、あるいは気づきもせずに開放弦をストロークした、限界にまで上げた音量は空間を裂くノイズとなり、そして演奏が始まる。

〝JACKPOT DAYS〟-image


「あのおバカ……誰がオカマしろって言ったのよ……。カマしてやれって言ったのよ私は……!」
 誤解と奇行。素直すぎるジョニーの行動原理はいつも周囲に圧巻の溜息と失笑をもたらす。

 開始直前のことであった、バンドと彼らのマネージャーであるまどかさんはひと塊りになっていた。
「いい? チャンスなのよ、一山いくらのインディーからメジャーに殴りこみをかけるチャンスなの」
 野望を剥き出しにした両の眼が怪しく光る。
「な、殴り込み……そんな物騒な……」
「言葉のアヤだジョニー、ほんとに殴り込むわけじゃない……」
 緊張からかヒラサワくんの額には汗が光る。すでに43歳、キャリアのある彼はこのバンドがゆく先を描いていた。
「思いきりカマしてやりなさい、ジョニー! 喜左エ門! モヒカンくん!」
……なぜ俺だけ名前じゃないんだろ……キャラが薄いのかな……天野くんがつぶやく。
「オカマする、かぁ……。よーし! オカマするぞ、みんな!」
「オカマじゃない、カマすんだジョニー!」

 冒頭こそオカマしてしまったジョニーだが、そのあとは灼熱のパフォーマンスを繰り広げる、モッシュ、ダイヴが客席に起きる。

〝JACKPOT DAYS〟-image


 血液が沸騰し細胞が炎上してゆくような圧倒的な興奮と高揚、そして解放があった。
 イナズマをマシンガンのように撃つ速射砲のようなコードストローク、大気が割れるような嗄れた叫び声。
 地を這い、とぐろを巻きながら獲物を捕食する大蛇を思わせるベース。
 一打ごとに破裂するダイナマイトのキックと跳ね上がるスネア。

 ライヴハウスが戦場と化す、だが、誰を憎みもせずキズつくものもいない。何か途方もないエネルギーが炸裂していた、その発端はやはりジョニーである。

「ジョニー聞け。インディーとメジャーの違いなんてお前には分からないだろう……ごく簡単に言えば二軍選手が一軍に這い上がるチャンスなんだ、いまの俺たちは……」
「いままで二軍だったの俺たち……」
「一軍にはすげーヤツ、すげーバンドがいくらでもいる、俺たちはそこにゆくんだ、分かるだろう……?」
「ヒラサワくん……」
「ワクワクするだろう。もっともっとワクワクするんだ!」
「……ワクワク……。よーし!」
 枷を食い千切ったオオカミのように、三匹はロックンロールを撃ち鳴らす。
 遥か向こう側に広がる景色、それを手に入れるために……。




set list
セットリスト
左利きのテディ
フリックスター
∞クラクション・アディクター
親愛なる機関銃
アグレシオン
灰とシエラレオネ


<ロックンロールはオカマとは無関係に突き進む……>

━━━━━━━━━━━━━━━
〝JACKPOT DAYS〟-image


前回までのおバカでおマヌケな三人衆



━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)



〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

〝JACKPOT DAYS〟-image
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2442-3fe837fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。