-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-26 08:01 | カテゴリ:文芸パンク

「夜がまた明ける」


〝JACKPOT DAYS〟-image



夜明け前が一番暗い、
きっと悲しいくらいの真実だろう、
いまこの瞬間も凍えている子、
涙さえも疲弊の果てに流せずにいた、

憂鬱げなロマンティストが無力感に苛まれ、
凍りつく夜明け空、オレンジに向け唾を吐く、

軽薄ズラしてヘラヘラ笑った、胸のなかに濁流が、
どろり溢れて夜明けを待って、
水夫は無言で明ける朝の外海へ、

楕円を描く黄金は、一周してまた東の空にたどり着く、
待ちわびた鳥たちは、白の羽根を金色にして、

ピースサインの足広げ、仄暗さに飛び出した、
さあまた朝が始まるんだと、
寄る辺もなく寂しそう、
呼吸忘れた独りの子供、ブランケットにくるまれた、
すでに閉じた両の目を、
忘れないよう、水夫は静かに見守って、

夜明け前が一番暗い、
きっと悲しいくらいの真実だろう、
いまこの瞬間も震えている子、
泣き疲れてただただ眠った、

夜明け前が一番暗い、
だからなんだ、それでも朝はやってくる、
吹鳴にも似たトランペットが闇を撃つ、
どこからか届いてる、休み明けの労働者たち、

光を放ち、光を手にし、
光を抱いて、
そしてそいつをまぶた焼き付け、
さあ、また漕ぎ出すだけだ、
疲れ果てて眠る子供は、永久なる光に包まれて、



━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)



〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

〝JACKPOT DAYS〟-image
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2411-22e10b14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。