-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-26 08:05 | カテゴリ:イケメン・ジョニーはスーパースター?

「それゆけジョニー!」


〝JACKPOT DAYS〟-image



「これでいいよね、あんたら……?」
 一同の前には一枚のサンプル写真が配られていた、そこにはバンドの顔写真が縦に三列、下部にバンド名が記載されている。
 四月からツアー会場、告知ポスターなどに使われる宣材、いわゆる「アーティスト写真」である。

〝JACKPOT DAYS〟-image



「な、なんだか……老けたなぁ俺……」
 中央に映ったヒラサワくんは43歳、25歳の左右のふたりに比べ、悲しいほどに年齢を感じさせる。
 ヒラサワくんはひとりだけジイさんになってしまったような、浦島気分でそれを見ていた。
「……現実にトシ食ってんだから仕方ないじゃない……」
 遠慮のない物言いでまどかさんが発言する。

「ヒラサワくんって……時代劇みたいだよねぇ。名前も喜左エ門だし……」
「そーゆー天野くんは子供にしか見えないわよ……童顔過ぎでしょ、あんた」
 ヒラサワくんと天野くんって……、おにぎりを頬張りながらジョニーが話し始めた。
「……あれに似てるよね、ほら……『ちゃん!』のチャンバラ」
……ちゃんのちゃんばら?
「なんだっけあれ……あ、そうだ、『子連れ狼』!」
「拝一刀と大五郎?」 
 まどかさんはそれだ、とばかり指を鳴らした、そして中空を睨んで少し思案する。
「子連れ狼系パンク、なんてウケないかしら……ほら、この間のサムライ写真もあるし……」
 意味が分からない。分からないが誰も逆らえない。

「じゃあ、俺は何役になるのかな……拝一刀と大五郎がいるから……」
「うーん。そうねぇ……」
 なぜ盛り上がるんだろう、バンドのイメージは何処へ向かうのだろう。ヒラサワくん、天野くんは不安に思う。
「ジョニーは……じゃあ、乳母車かな……?」
「……乳母車……。刀とかじゃなくて乳母車かぁ……」
 うーん。ジョニーはあからさまに不満げな表情を浮かべるが、しかし、彼は乳母車としての新たなイメージを発案しようと試みた。

「……でも、乳母車って……悪くないかもしれない……なんだかあったかそうじゃん。お母さんが幼い子供と散歩とかお買い物にスーパーとか……ね? エンジンとかつけた乳母車ってないのかな……」
「いや……。もう何がなんだか分からない……」
「ジョニー……。パンクバンドのフロントマンが乳母車でいいのかよ……」
 そう問いた天野くんだが、彼自身、その問いが理解不能なことに気づいていなかった。

 なんだかよく分からないが、バンドの新しいイメージ写真は「子連れ狼系パンク」という、完全なる未知の世界にシフトチェンジしてゆきそうだった……。
 今日もジョニー一座は脳内が小春日和のままであった。



<書いてる本人もワケが分からないまま、ロックンロールが続いてゆく……>


━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image



アラジンよりは完全無欠のはずのロックンロールの前回まで



━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)



〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

〝JACKPOT DAYS〟-image
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2406-0915785f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。