-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-14 00:56 | カテゴリ:文芸パンク

「子供たちは夜明けを走る」


〝JACKPOT DAYS〟-image



子供たちは夜明けを走る、
ヒカリまたたく朝陽のほうへ、何ひとつも荷は持たず、
風の隙間を縫うように、帰りのことも気にせずに、
波飛沫に乗り乱反射する、ヒカリをその手に手繰り込む、

その風景を見ている君も、同じように走ったことがあったはず、
擦り剥いたキズの痛みも笑ってられた、そんな日々があったはず、
水は風のように流れる、
風は水のように流れる、

左に土を、右には海を、
振り返りもせず、わけなく急いだ、
夜が明けたら花薫る、陽射しの春を待ちわびた、
手にしたものはどれくらい? 
身軽になって淡い薫風、小さくなる背中たち、
子供たちは夜明けを走る、君にも僕にもあるだろう、
少年少女は風のなか、

〝JACKPOT DAYS〟-image





━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)



〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

〝JACKPOT DAYS〟-image
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2392-859138e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。