-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-26 18:32 | カテゴリ:イケメン・ジョニーはスーパースター?
photo:03


それいけジョニー!

 俺だけだよなぁ、キャラがイマイチ立ってないのは……おかしいなぁ……モヒカンのパンクスなんて、それだけでキャラ強いはずなんだけどな……。
 天野くんはぶつくさと物思いにふけりながらハンドルを握っている。

 男たちを乗せた『のんびり羊号』はよたよたとハイウェイを進んでいた、渋滞なんて何処吹く風、なぜなら後方からクラクションを鳴らされ、渋滞の原因になっているのが彼らの乗るバンだからである。

 おかしい。やはり天野くんは思う。助手席には起きているのかいないのか、ジョニーが窓の外を眺めているようだ、助手席にてナビを頼んだのだが、地図を開く気配もない。
……助手席なんて……名前だけだな、まったく役に立たないもんなぁ、ジョニーは……。
 そして後部席には平澤喜左エ門、43歳。インディ・デビューを果たしたばかりの彼だが、すでに妻子さえいるリーゼントの中年……しかも彼は名前が『喜左エ門』なのだ、その上、バンドのリーダーでもある。

 キャラって大切だな……なんとかしないと……ドラマーのウデも発展途上なだけに天野くんの心配は尽きない。ジョニーのようになれるはずもない、かと言えヒラサワくんのポジションはバンドの方向性に関わる……それはまどかさんも許してくれないだろう……俺は……僕は……もはやボクチンはどうすれば……。
「キモイ」
 後方から一言が突き刺さる、その主はヒラサワくんだった。
「なんなんだよ、さっきからブツブツブツブツ……」
「や、別になんでもないよ……寝てなよ、ヒラサワくん……」
「天野くんの独り言が気味悪くて寝られないんだよ……」
 独り言でさえ気味悪いと言われてしまう……キャラが弱いとこんなことになってしまうのか……もはやどうすればいいのかさえ分からない……ジョニーなら……笑ってすむところなのに……。
 どうすれば……どうすればキャラが立つのか。ジョニーのようなカリスマでなくていい、喜左エ門のように「ナイスなおじさん」はムリだろう。
 ふたりに負けないキャラでありたい……。
 それは天野くんの切なる願いであり、魂の叫びであった。

「うるさいなぁもぅ……」
「……うわっ、起きてたのかよジョニー⁉」
「ブツブツブツブツ……起きちゃうよ、そりゃあ。どーしたって言うんだい、天野くん……」

 このバンド……元は前バンドを引き継いだとは言え、自分こそがこの『ザ・シガレッツ』のオリジナル・メンバーでありながら、一番、存在感がないという現実。
 ジョニーはともかく、ヒラサワくんやマネージャーのまどかさんよりもキャラが薄いという事実。
……そして。その埋めなくてはならないはずの差をどうすれば良いのか、天野くんは切々とジョニーに説いた。
「……んー。じゃあ……どーだか分からないけど……地球に優しいとかいいんじゃない? なんか、そーゆーの流行ってるんでしょ? じゃ、着いたら起こしてね」
「地球に優しくな。運転には気をつけるんだぞ」
 ジョニーに続き、ヒラサワくんも思いつきでしかない意見だった。
……地球に優しい、か。地球に優しいロックンローラーはあまりいない気がする。むしろ地球に優しいとロックンロールでない気もする。
 でも、と天野くんは思った。
 よし。それだ。それは女子ウケもいい気がする。
「大好きだ‼ 優しくするぞ地球‼」
 天野くんは地球に優しいパンク・ロッカーになった。



<あれこれ優しくロックンロールが続いてゆく……>


━━━━━━━━━━━━━━━
photo:02



地球にも優しい(?)ロックンロールの前回まで


〝JACKPOT DAYS〟-image
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2315-190a523c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。