-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-19 23:43 | カテゴリ:3minute rockin novel
〝JACKPOT DAYS〟-image


音の記憶者

 すべてに呼吸がある、それを聞くには耳を傾ける、もしくは耳をそばだてる、どんな言い方でも間違いはないけれど、かと言って正確なわけでもない、それでは不足がある。
 いつだって。あらゆる感覚を言葉にするとき、伝達には共通する感覚がない限り不足が生まれる。
 私たちは記録者ではなく記憶者として在る。レコーダーではなくプレイヤーとして在る。

 音そのものを記憶しようとするとき、もっとも身近なのは風の音色を掴み取ることだと思う。
 そこには音色がありリズムがあり旋律がある。雨が混じる、雪が混じる、あるいはなにもかもが悲鳴をあげている。

 音楽は何処からでも鳴る。記録者ではなく記憶者として在るべき者々は雪が溶け、そこから流れて凍りついて流氷としてゆく命に、山脈をたどり海にまで注がれる波々に、音楽はただ宿り鳴り続ける。
 いま、この瞬間も、そうだ。呼吸とは即ち、音楽である。


━━━━━━━━━━━━━━━

靴磨きのアッシュ
花飾りとまぼろしと
再生のアクアリウム


〝JACKPOT DAYS〟-image
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2313-aa361734
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。