-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-26 08:00 | カテゴリ:文芸パンク
〝JACKPOT DAYS〟-image


サウンドトラック

君が鳴らす口笛は、尖る無毒な槍になる、
街の隅々、走り抜けては心臓だけを貫いてゆく、
虐殺があった街、
悲惨な歴史を忘れたふりをする、
トカゲの眼をした支配者の、彫刻だらけ、
君と僕を睨んでる、
眼球だけが自由に回転してうろつく君を捕らえてる。
風のない午後、なぜだか旗がなびいてる、
偽りの風にはためく赤黒白のトリコロール、欲望の影、

“彼はまだ生きている”

虐殺者を英雄に祭り上げる愚かしさがいつか世界を狂わせる、
君は街に漂う戦争と、独裁の臭いに富を貪る支配者層を悲しんでいる、
沈鬱な表情で、口笛を鋭い矢にして走らせる、

“自由と平和と愛し合う幸せを”

新しい旗を掲げる地下の人々、弾圧された移民の子供たち、
革命を誓い合う、十時架ナイフ、
君はハーモニカを鳴らしてる、
ありふれたブルーズ・コード、
音色に気づいた独立主義者は地上で旗を振り始める、
弦の足りないアコースティック・ギター、
ドラム缶を錆びたナイフの柄で叩く、
集まる手拍子、前列には歓声の少年少女、
指笛と笑み、

生まれたばかりのバンドは街角をステージに、
新しい音楽を奏でてる、
けたたましいリズムに乗って、
祈りを歌う痩せっぽちのビーチガール、
トランペット、ベロアスーツのチンピラはハットを投げて、アジテーターは夜を統べる銀髪だった、

“今夜世界に火を放て”

手を繋いで踊り狂う、ぶつけるボトル鳴る、
風葬の参列もしばらく死を忘れてる、
君はハーモニカを棺におさめ、言葉をナイフに空に突き刺してる、
音楽は鳴りやまず、歌声も終わらない、
音楽は鳴り響く、騒々しくも痛みん乗せて、
喧騒だらけに湧き足だって、口笛たちが槍になる、

〝JACKPOT DAYS〟-image



━━━━━━━━━━━━━━━

“guitarman in a dawn -JACKPOT REMIX-
流転のハイドロ
“drop”

━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2192-bc56dbf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。