-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-02 20:00 | カテゴリ:時計じかけのジュヴナイル
〝JACKPOT DAYS〟-111222_084507.jpg

時計は止まってたんだ、秒針だけが震えながら前後していたけれど、長針と短針は凍りついて時間は止まってしまっていたんだ。
へり背をつけて、あごを引いて真下に目をやるとバースデイ・タウンが小さな庭みたいに見えて、そしてそのさらに下にはバースデイ・タウンを巨大にした街が見えた。

時計塔の下には巨人が住んでいる、それは噂なんかじゃなかった、そこにはアタマにネジのない巨人たちが西へ東へ行き来していた。
ときどき、僕のほうを見上げる巨人がいる。
違う。
僕を見ているんじゃない、時計を見ているんだ。
時計が止まってしまっても生きて動くことのできる人がいる。
じゃあ、僕らは、バースデイ・タウンって一体なんなんだろう……。

「そんなことはどうでもいいんだ、僕は凍ってしまった時計をなんとかしないと……」
口にしてはみたものの、どうすればいいのか分からない。
でも迷ってる時間なんてないんだ、僕は助走をつけて走り出し、全身をバネにするつもりで跳び上がった。
届かない。
落ちる……。
弧を描いて落下してしまう自分の姿が脳裏をよぎった、そのときだった、振り切れるほど伸ばした手に握っているペンダントのチェーンは長針の先、その矢印のかたちをした尖端に引っかかって、僕は宙に吊られていた。
手繰りよせるように、這い上がるように手を伸ばし、僕はその巨大な長針にしがみつく、手が痺れるくらい冷たかった、表面に氷が張った文字盤に体が触れ、あまりの寒さに僕は気が遠くなりそうだった。

どうせ、いずれ止まってしまうんだったら、無茶をしたってかまわない。
僕は体を振り子のように左右に揺さぶって、どうにかもう一度、時間を再開させようともがいていた。
ずっとずっと見ていたい笑顔があるんだ。


〝JACKPOT DAYS〟-111222_084652.jpg

〝JACKPOT DAYS〟-111223_081232.jpg


時計じかけのジュヴナイル <1>
時計じかけのジュヴナイル <2>
時計じかけのジュヴナイル <3>
時計じかけのジュヴナイル <4>
時計じかけのジュヴナイル <5>
時計じかけのジュヴナイル <6>
時計じかけのジュヴナイル <7>
時計じかけのジュヴナイル <8>


illustration and story by Billy.


<つづく>

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2103-084fe436
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。