-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-11 19:36 | カテゴリ:3minute rockin novel
〝JACKPOT DAYS〟-image




 澱む息を吐きながら、殺し屋はさらなる澱みを探して明けたばかりの朝に唾を吐く。

 紛いもののクリスタル、地球儀を突いては廻し、散る埃を吹き飛ばす。
 オペラシティで撃ち殺した誰か、別に知りたいわけもなく、理由だけは聞いてみても良かったと、レモネードをなめていた。

 雨ばかりが続いてる、肌寒いのも変わらずで、サイズの合わないカウボーイ・シャツを着る、そいつはあちらこちらにしみだらけ、渇いているのに鉄が臭った、それに怯える自分がいたことは不思議な気分だった。

 弾かせるタイプライター、何気なく綴る駄文は誰に見せるわけでもない。
 赤い首輪の黒い猫、膝の上にうずくまる。
 あたたかさが伝わった、冷えずに流れる血があることを今更知った。

 光が宿る目を閉じて、膝の上に黒は眠った。また出かけなきゃと思うけれど、温もりから離れられない、殺し屋はしばらく眠っていようと、地球儀をクズカゴに放り込む。

 外れたクリスタルは開けたままの窓から飛んでった。8階から墜ちた地球、砕け散るのを見たのは夢か。
“どうでもいい”とタイプライターに打ち込んで、テーブルに突っ伏し眠っているふりをする。

 ブラインドを閉め切った屋根裏部屋は一階がミニ・シアターだ、二階は飲み屋の名を借りた売春宿になっていて、三階には彼女らが寝泊まりしている。
 シアターでは半世紀前のラブ・ストーリーが繰り返し流されている、誰もそれを観てなどいない、垂れ流されているだけで、子供たちがポップコーンを食べながら母の迎えを待っているだけ。楽しいふりをする声を想像していた、電話が鳴っていることに気付く。

 夜がまた血のニオイをさせる、一晩ごとに不明の死者が出る街は、世界中にいくつくらいあるだろう。地図や地球儀からじゃそんなことは分からない。
 ラツィオは新しいナイフと使い慣れたピストルをバッグに入れて、歩き慣れた夜の街へゆく。

<了>

〝JACKPOT DAYS〟-image



━━━━━━━━━━━━━━━

“duine”
赤のサディスト
灰と吸い殻とダイヤモンド

━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/2047-7bc2a35d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。