-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-21 12:00 | カテゴリ:ショートショート・フィクション


「地上の星と深海の夢」


 人魚になる夢を見ていた、それは幼いころから見続けた夢、もちろん、現実にはならない。
 夢のなかの私はサカナになった下半身で、半裸にも関わらず恥ずかしさすら忘れて泳いでゆく、深海から水面へ、遥か遠くに感じながらも速度だけは増してゆく。

 深海に生きるものたちは、地上の景色を知ってるだろうか、貴方たちを置いて大地を踏んだ、最初のイキモノのことを想像したりするんだろうか。
別に知りたいとも思わない、そう言われたらそこまでだけど……深海にはない光が水の上に輝いていて、ヒトは普段、ろくに見てもないその光のなかで生きている。
 なにかがあったときだけ、祈ってみたり、あるいは見上げて溜息をついたり、変わらずにそんなことを続けている。

 そう、誰もがそんなふうで、やはり私もそんなふう。
 自分の都合で深海に潜り眠る日々を選んで、息苦しくなったら今度は光に照らされようという浅ましさ。
 そのわがままさこそが私、開き直りもいいところだけれど、「だってみんなそうでしょ」とも思ってる。
美しくも穢らわしくも、生きていたらいろいろあって、汚れてゆくのを知っても進みたいときがある、自分を浄めると分かっていても進めない道がある。

 あたたかくて浅ましくて、優しくて底意地も悪く、卑怯だけど賢くなりたいとも思う、誰もに優しくあろうとさえ思う、だけど、それをするほど私たちには時間がない。
 そう。
 私たちには時間がない、一生を考えても、限られた時間をどう使うか、きっとそれしかない。

 地上に瞬く星があるなら、我先にと手を伸ばすだろう。
深海で見た想い出には美しいものばかりなんかじゃない。
それでも私は目を醒ます、水と空気の間に目覚め、また汚れと共に生きてゆく。
 約束が。
 約束があるはずなんだ。誰と交わした約束だろう、大切な誰かかもしれないし、過去の自分かもしれない、どちらでもいい、私はまた呼吸をするため、深海から光の地上へ浮上する。


<了>



I LOVE PEACE,I HATE WAR.

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


【PR】

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.

〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/1851-6506864f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。