-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JACKPOT DAYS!! -poetrical rock n'roll and beat gallery--サクラサク.jpg


 3人の男たちは川に沿う緩やかな斜面にいた。
鮮やかな緑の上に寝転び、チーズと酢漬けのイカをつまみにビールをあおっている。タバコを吹かしている。
 頭上には満開の桜、見下ろせば落ちた淡い桃色が水に流されてゆく。平日の昼間である、ひと気は少ない、老夫婦や幼い子を連れた若い母が訝しみながら3人を横目に、だが、彼らは周囲の雰囲気を察知はしなかった。

「いいねぇ、サクラは。春が来たって感じがするよね」
シャツを脱ぎ、Tシャツ一枚になったジョニーは新しい缶を開け、半分くらいを一気に飲み干した。
「あったかいし……練習後のビールはたまんないよなぁ……」
天野くんも同意する。
 いつものごとく寡黙なヒラサワくんはうんうんと頷きながら、チーズ鱈を口に運んだ。
 あまりに呑気な風景だった。

 彼らはパンクロック・バンドである。すでにコンビニを辞めてしまったジョニー、日雇いの仕事を転々としながら農機具小屋に暮らす天野くん、そして素性がいまだに分からないヒラサワくん。
 午前のバンド練習を終え、昼食をかねて小さな宴を開いていた、窓から満開のサクラが見えていたのだ。

「天野くんさ」
「や、ジャックだよジャック、いい加減に憶えろよジョニー」
「ずっと聞いてなかったんだけど、おれたちのバンドって、なんて名前なの?」
「ああー……バンド名なぁ……」
天野くんは少し考える。前身バンドのヴォーカル/ギターが抜け、ジョニーが参加したが、名前についてはまだ考えていなかった。
「前は……や、前のことはもういいや、新しい名前を考えねーとなー」
「ジョブレス・スリーなんてどう?」
「ジョブレス・スリー? なに? 仕事がない3人ってこと?」
「だってさぁ……おれ、バンドに誘われたとき、スターになるから仕事しなくていいやってコンビニ辞めちゃったし。バンド、仕事になってないじゃん」

 そんなすぐにスターにはなれないんだよ、そう思いはしたが、あえて発言しなかった、ジョニーには世間的な常識が通用しないことを痛感しているからだった。
「ぴったりじゃん」
「ジョニー……無職3人なんて……あんまり笑えないよ……第一、俺はたまに働いてるし……。ヒラサワくんって、普段、どうしてんの?」
話を向けられてもヒラサワくんは反応しなかった、ポマードでかためられたリーゼントも微動だにせず、無言でサクラを眺めている。

「ヒラサワくん……起きてる?」
あぐらをかき、背筋を伸ばし、堂々たる姿勢でタバコを吸うヒラサワくんである。
「ジョニー、天野くん」
顔を向けるでもなく、姿勢を変えるでもなく、ヒラサワくんは唐突に口を開いた。
「そのバンド名は……ダメだ。俺は……もうすぐ仕事をする。実は……田舎に帰るんだ」
「……え?」
「聞かれなかったから言わなかったが……俺は君らのように若くはない。田舎の家業を継ごうかと考えてる」
「か、華僑……ヒラサワくん、お金持ちじゃん!!」
「華僑じゃない、家業だ、ジョニー、ちょっと黙っててくれ。ヒラサワくん……バンドを抜けるのかい? なぜそんな……急に……」
いきなりの告白に早くも泣き出しそうな天野くんだった、驚く二人にヒラサワくんは続けた。
「すまない……せっかくジョニーが入ってくれて再スタートだと思ったのに……俺、実は40過ぎなんだ、君らとずっとバンドをしていたかったけど……カミさんに子供ができたんだ、まっとうな仕事に就いてカタギになろうと決めたんだよ」
「か、カミさん……子供さん……40歳過ぎ……」
確かにそのややシミやシワの多い顔、年上だろうとは思っていたが、まさか……結婚なさっていたとは……。
「最後にこのバンドでライヴをやりたい、そして俺はこのバンドを抜ける。ありがとうジャック、ありがとうジョニー」
「ヒ、ヒラサワくん……」

 ヒラサワくんはけっこういいオトナだった。
「ほんとだ、よく見たらオジサンだね、ヒラサワくん」
ジョニーは言わなくていいことを口にした。



JACKPOT DAYS!! -poetrical rock n'roll and beat gallery--ジョニーと仲間たち。.jpg



<不敵に不定期に続く>

失笑必至の前回まではこちら♪

JACKPOT DAYS!! -poetrical rock n'roll and beat gallery--Tシャツ イメージ.jpg
ビリー・オリジナル(ジョニー・バンド)のTシャツの販売は来週末あたりになりそうです。



JACKPOT DAYS!! -poetrical rock n'roll and beat gallery--海賊ビリー ロゴマーク.png
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/1559-5d87ad45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。