-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-10 12:00 | カテゴリ:文芸パンク・憧


「うたかた」


うたかた、それはほんの一瞬だけの、
真夏に咲く炎の閃き、
恒久など要らぬとばかり、
弾け飛んでは宇宙に熱を放ってくれる、

うたかた、それが日々を慰む、
夜に戸惑う俗物たちの、
体に溜まりし毒を冷ませる、
うつらにそぞろ歩いては、夢に現に花を見る、

ラスタカラーのマラカスを手に、
少女はずいぶん未来を描く、
まだ幼くも生きているから、
笑顔ばかりは咲かせられない、
無邪気さだけじゃ乗り越えられない、
傷みに耐えうる底意地を持つ、
土にしがむ草木のような、空に眠る友を思った、

うたかた、閃く花は枯れ落つときを気にはしない、
永久に生きる術はない、
そしてまた、そうする理由も見当たらない、
いまがすべてと割れる熱源、

少女を見守る老婆は椅子で、過ぎた伸びやかりしを思い浮かべる、
若い葉ミドリのみずみずしさに、その手の甲を、
生きた証と静謐なる微笑みで、

うたかた、人はその手に握りこむ、
願いを委ね託すよう、
瞬の大火に酔いしれる、
繰り返さぬがこの世のせめての救いであれと、

うたかた、誰もが生く濁流のなか、
醜さばかりを強いられて、
か弱く咲きしに重ね合わせる、
足るを知るも知らぬも痴れたこと、

そして少女は老婆に話す、
“この花の連なりを、
次に見上げるそのときは、少し近くなっているかな”
そして老婆は少女に話す、
“ほんの少しは近づくでしょう、
でも届かないから空は見上げることができるの”

うたかたなる真夏の宴、
うたかたなる天の饗宴、
うたかたなる花束の色、
うたかたなる願いとともに、





STAR ENTRYS

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


【PR】

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.

〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/1234-9b87e915
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。